フリーランスって孤独?

現在は様々な職種でフリーランスという働き方が定着しつつある。ITエンジニアにも、もちろんそのスタイルは浸透しつつある。だが会社で働くスタイルに比べて孤独だと思われがちである。プログラムを書くときは雑音などのない深夜の方が集中しやすいと、深夜から早朝にかけて仕事をするプログラマーも多い。特に在宅勤務というスタイルを選んだ場合、寝室とトイレと自室以外は移動しない、などということもざらにある。ここ一ヶ月家から出ていないというエンジニアも、実際にいるのだ。

だが本当にフリーランスは孤独なのだろうか。もしも好んで単独生活やそういったスタイルでの働き方をしているのだとしたら、それを苦に感じることはないだろう。実際「やった、これでもう人に会わなくて済む」だなんて、ちょっと耳を疑うような台詞も本当に耳にすることがあるのだ。つまり問題は、フリーでの勤務を孤独で辛いと感じるときである。今まで周囲にいた人たちが途端にいなくなってしまうのだから、寂しくない方がおかしい。

だが思い出して欲しい、本当に今まで喧騒の中で働いていたのだろうか。集中して作業していたはずだ。賑やかなのはランチと飲み会くらい、会議だって和気藹々としてたら議題が進まない。フリーであっても勤務中は作業に集中すべきであることをもう一度見直すことである。

人が周囲にいた方が集中できるなら、コワーキングスペースやシェアオフィスなどの利用も考慮し、自ら社会との接点を探し出して繋いでいくことである。作業は1人でするものではあるが、仕事は1人でするものではない。
フリーランスとは、依存心の排除と確立された自立心が求められる勤務スタイルではあるものの、社会や同業者との接点が持てる場所でのコミュニティ作りが仕事上の孤独から脱出する方法の1つであり、情報共有でエンジニアとしての可能性も広がるだろう。