即戦力の役割を担うフリーランス

フリーランスとして働くスタイルには、孤独な部分もある。フリーランスには即戦力としての役割が多いため、時には困難な仕事が任される事もよくある。そのような難しい仕事にチャレンジしている時には、デメリットの部分を感じる事が多い。企業で勤めている立場であれば、もし一人では解決できない仕事上の課題に直面したとしても、周りのスタッフに頼ることができる。

しかしフリーの立場では自身の力だけで仕事上の課題を解決しなければならず、その時に強い孤独を感じることになりかねない。そこで将来的に難しい局面に立った時に、自身の力だけでも課題を解決することができるようスキルアップが欠かせない。いざという時に頼ることができるのは自分自身の力だけであり、高い実力が求められる。

そのため普段から仕事がない間にもスキルアップを心掛け、新しい知識や技術を習得する必要が出てくる。スキルの向上に熱心なフリーランスのエンジニアは、他人に頼らずとも実力で難しい仕事もこなすことができるため、孤独を感じる事は少ない。独立してフリーになる事を目指すのであれば、一人だけでも仕事がこなせるだけの実力を持っているかが重要となる。

もし技術力に自信がないのであれば、独立する前に十分にスキルを磨き、仕事の経験を積む必要がある。安易に独立してフリーとして仕事を引き受けてしまうと、一人では仕事がこなせずに孤立してしまう恐れもあるため注意しなければならない。