独立することのメリットとは

webデザイナーやプログラマーといったIT技術職はそれぞれ個人の力量が仕事に大きく関わり、企業に属さなくとも、独立して個人事業主やフリーランスとして活動することができる。メリットは自分で仕事内容を選択できる、ペース配分を考えられるといったところで、やった分だけ収入につながるわけだから会社員よりも高報酬を期待できるだろう。

ただし物事は常に裏側が存在していて、独立した場合は営業から事務仕事まで自ら行わなければならなく、スキルが高くとも仕事が受注できなければ収入につながらないのだ。そしてメリットとデメリットとなるのが個人作業が多くなり、孤独を感じるといったところである。もっとも営業活動や報酬についての交渉など、会社員として専門分野だけを行っていた時に比べて対人関係は多くなり、コミュニケーション能力は重要になるのだ。それゆえ個人作業が好きだからと安易に独立を選ぶと、かえってしなければいけない作業が増えてしまう場合もあるだろう。

フリーランスの場合は個人作業で孤独感はあるが、現場に出向する、営業活動を行う場合はむしろ積極的に相手と関わる必要が出てきて、想像と違ったということは多い。メリットは大きいが、同じくらいデメリットも持ち合わせており、個人ですべての責任を取る覚悟が必要となるだろう。

独立して成功するのは難しく、ただそれだけにやりがいがあるのも事実で、下準備を万全にして始める必要があるのだ。